THE ROOTS KEI FAIRWAY WOOD

ザ・ルーツKEI フェアウェイウッド 概要


ボイスバナー
THE ROOTS KEI FAIRWAY WOOD 試打映像

520ヤードのロングホールの2打目でスプーンを使用いたしました。硬さはSRです。弾道及び打音を確認できます。

現在まで弊社フェアウェイウッドは全面1.8mmのフェース厚を限界としておりましたが、技術の向上により、ザ・ルーツKEIでは最薄部1.6mm(他部は1.7mm)と超薄肉化に成功いたしました。
フェース肉厚の限界に挑戦することで、反発エリアを従来モデルより8%拡大させ、ここ一番の飛距離だけでなく、平均飛距離アップにも繋がっております。
反発係数はSLEルール適合モデルとして最高の数値を示しております。

フェース高さを弊社従来品よりさらに1.0mm低くしたシャローフェースタイプとし、更に比重の重いタングステンウエイトを装着したことにより4%の低重心化に成功いたしました。
シャローフェースのメリットは低重心設計になり、ボールを上げやすくなることにありますが、デメリットとしては、スイートエリアが狭くなることと反発係数が低くなることにあります。ルーツゴルフではスーパーアーメットフェースの強靭な特性を活かし、最薄部を1.6mmに加工することで、このデメリットを克服し、大きなスイートエリアを確保致しました。
また重心角を従来品より4°大きく設計し、ボールをつかまえ易くなっております。このような設計によりボールが上がり易く、つかまえ易い、またスイートエリアが大きく広がり、易しく飛ばせるフェアウェイウッドが誕生いたしました。

今回開発しましたフェアウェイウッド用MISASAGIシャフトはトリプルブースター機能を有し、シャフトの剛性を手元部、中央部、先端部で調整したシャフトです。
ダウンスイングに入った際に、グリップ直下の手元部でまず一度しなり、コックのほどけやすいアマチュアゴルファーがプロのように”ため”を作るのをサポートします。
次にシャフト中央部は剛性を高めて、安定したヘッド軌道を導き、方向性を高めます。 最後にシャフト先端部を剛速球ピッチャーが手首でボールをスナップし球速を上げるようにしならせ、いっきにヘッドを走らせます。
フェアウェイウッド用MISASAGIシャフトは憧れのダウンブローが簡単に実現できますので、ティーアップしていない球も楽に操作できます。

大変ご好評いただいておりますキャビティソールは、ザ・ルーツKEIでも更に改良を加え、採用いたしました。
ザ・ルーツKEIフェアウェイウッドのヘッド重量は弊社じゅらくエリクサーフェアウェイウッドに比べ10g、クリックフェアウェイウッドに比べ3gアップ(3番ウッド比)しております。
重いヘッドでインパクトエネルギーを増大させても、エネルギーロスをすれば意味がありません。増大したエネルギーをヘッド内に無駄なく貯め込むために、ソール周辺部と中央部の肉厚を調整し、すわりが良く、構えやすい形状にもこだわり、新たなキャビティソールとして生まれ変わったのがNEOキャビティソールです。

アマチュアゴルファーのスイングを研究していると、テークバックをまっすぐ引こうとして、アウトサイドへ上げてしまう方が大変多くおられました。
テークバックの際、適切な方向に引きやすいよう三角型のマークをクラウン右下部にデザインいたしました。
安定したテークバックへの目印にしていただけます。

専用ヘッドカバー付

クラブ選びのお悩み    

休業日のお知らせ
  • 今日
  • 定休日

休業日でもインターネットによるご注文は可能です。休業日は商品の発送、入金確認ができませんのでご了承ください。

お電話によるご注文・お問い合わせは、営業日の10:00~18:00とさせて頂きます。
担当者が不在の場合は、後ほどこちらからお連絡させていただくことがございます。予めご了承下さい。
お買いあげ方法・在庫について、商品の発送についてなど、ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。

ページトップへ